読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生がスポーツを面白くするblog

どこにでもいそうな野球好きな大学生が、どこにもないスポーツブログを目指していきます。

カープの愛がすごい

今シーズン四半世紀ぶりのリーグ優勝、日本シリーズ進出を果たした広島東洋カープが、地元広島市に5億円を寄付したそうです。

長年応援してくれたファンや地元への恩返しなんだとか。

 

こりゃすごい。全国的な野球人気の低下とかを考えると、地域振興や貢献というのは、今やプロ野球では当然のあり方になってきましたが、自治体への直接的な還元というのは初めてではないでしょうか?

 

今回のカープ優勝の経済効果はおよそ350億円にものぼるといわれています。

すべてが球団収益に繋がるわけではありませんが、優勝して球団経営が潤えば、まず第一に戦力の補強に投資するのが普通です。

 

ですが、広島東洋カープは1950年代、球団設立初期に市民の呼びかけで行われた「樽募金」という形で球団経営を立て直したという歴史があります。

 

そう考えると、今回の5億円の寄付は60年の時を超えた恩返しとも言えるかもしれません…

 

どのスポーツを応援するファンも、自分達の熱量を「チーム愛」なんて言葉で表現しますが、このカープの寄付金は「ファン愛」といったところでしょうか笑

 

また、今回の5億円のうち、4億円は広島市内の少年野球のできるスポーツ広場の整備に使われるそうです。

いずれカープのおかげで野球のできる少年たちが、赤いユニフォームを着たいと思うようになって、未来のプロ野球選手が生まれるとすれば、ある意味これはカープの長い目で見た投資と言えるかもしれません!!

 

ということでこのカープ5億円寄付のすごいところをまとめてみましょう。

 

・戦力補強よりもまず先に地元へ寄付した。

・ファンとチームの互いの愛情を形で表した。

・60年という時間を超えた「恩返し」。

・少年野球の活性化という、長い目で見た投資であるかもしれない。

 

なんだかこのニュースは、「広島東洋カープ快進撃」の美しいエピローグのような気がしてなりません。